ノートPC液晶修理



PC液晶修理専門店

トップページ

よくあるご質問・サービス全般

Q.修理の依頼方法は?

お問い合わせフォームより必要事項をご記入下さい。24時間以内にご連絡致します。
お問い合わせフォーム

Q.受付時間は何時までですか?

お見積もりに関するお問い合わせフォームからの受付は24時間行っております。お電話でのお問い合わせは正午から午後7時まで受け付けております。


Q.どのような修理に対応してますか?

ノートパソコンの液晶修理に対応しております。
液晶の修理過程でHDDの不具合などが見つかった場合はHDD交換・OS復旧作業を行うこともございます。

Q.プライバシーは安全ですか?

データ救出・復旧の目的以外でお客様の個人的データを扱う事はありません。
パソコン修理に際しては、システムに関するデータのみ扱います。
ご希望がありましたらHDDをお客様の方で外して頂いてパソコンを発送して頂いても構いません。

Q.修理後の保証はありますか?

はい。当社が行った修理部分において、通常使用の範囲で、同一症状による同一箇所の再修理を要すると当社が認めた場合(但し、前回修理にて現象非再現の場合は除く)は、修理完了日より3カ月以内、当社の責任において無償で再修理を行います。尚、無償での再修理は、当社でのみ有効です。

お支払いについて

Q.支払い方法は?

銀行振り込み・代引きに対応しています。

Q.領収証は発行してもらえますか?

発行しております。
特に指定が無い場合は佐川急便の代引き支払いでお支払い頂きますので佐川急便発行の代引き領収書
銀行振り込みでのお支払いの場合は当方から領収書を発行いたします。

Q.送料はどうなりますか?

修理を行った場合は返送の送料は無料です。(見積キャンセル時等除く)
当社へお送りいただく際の送料はお客様ご負担とさせていただいております。

発送方法

Q.どうやって発送すればよいのでしょうか?

ノートパソコンを緩衝材(エアキャップ)などで包んで、段ボールに梱包し「こわれ物」扱いの宅配便で発送してください。※輸送時のトラブルに備えて、できるだけデータのバックアップを行ってから発送して頂くことをお勧めします。

Q.パソコンをご自宅まで引き取りに来て欲しいのですが可能ですか?

大阪府の一部地域であればこちらから取りに行くことも可能です。
それ以外の地域の方はお近くのクロネコヤマトまたは佐川急便の営業所へ集荷をご依頼ください。

クロネコヤマトのフリーダイヤル:[0120-01-9625]へお電話してください。
(ご自宅から一番近いサービスセンターへ接続されます)※携帯電話から連絡する場合ヤマト運輸サービスセンタ一覧よりご自宅の地域の担当営業所へお電話ください。
自動音声が流れますので集荷依頼の番号「1」を押してください。オペレータに接続されます。
通話ができましたら、オペレータに「荷物の集荷をお願いします。パソコン発送用の伝票も必要です。」
とお伝えください。配達員がご希望の時間に、ご自宅まで取りに来てくれます。
※お近くの運送会社営業所・郵便局へのお持込も可能です。
※発送時送料はお客様ご負担でのご案内とさせていただいております。


Q.パソコンを発送するダンボールがありません。

スーパー・コンビニ等で手に入らない場合はクロネコヤマトで有償ですがご用意してもらえます。
お電話の際には、以下のようにお伝えください。
「パソコンを発送するので、専用の箱(ノートパソコンかデスクパソコン)と伝票を持ってきてください。」
パソコン専用のダンボールをご自宅まで持ってきてもらえます。
※送料と梱包用ダンボール料金(有償)はお客様ご負担となります。
※紙袋等に入れてパソコンを発送するのはお止めください。輸送時に外装、データの破損などトラブルのもとになります。
本体、アダプターをご用意いただき、配達員の到着までお待ちください。

パソコン発送の際は、発送先・発送方法 のページを参考にして下さい。

その他サービス詳細

Q.ハードディスクの中にあるデータを残したまま修理可能ですか?

故障の状況によって異なりますが、基本的にHDD内データに変更を加えることなく修理を行います。


Q.パソコンは修理した後、購入時の状態に戻ってしまうのですか?

メーカー修理では初期状態に戻ってしまうことがほとんどですが、
液晶修理屋では前と同じ状態でパソコンをお使い頂けるような修理を心がけております。
※修理の内容により、初期状態に戻ってしまう場合もあります。

Q.リカバリディスクが無くてもリカバリ可能ですか?

基本的には必要ありませんが、機種・故障状況によっては必要な場合もあります。

Q.中古部品での修理はやってますか?

はい。中古部品を使用することで可能な限り安い修理料金をご案内させて頂いております。
ただし中古部品の入手が容易でなく新品部品の入手コストを上回る場合は「入手不可」とみなし新品部品のみの修理対応となります。